GoPro

GoPro HERO 8専用メディアモジュラー(Media Mod)レンタル開始! これで何ができる?

GoPro HERO 8専用のアクセサリーとして、しばらく発売が待たされていたあのメディアモジュラー(Media Mod)がAPEXレンタルに到着しました!

このメディアモジュラーは、GoPro HERO 8の機能をパワーアップさせる、いわば課金アイテムなのです! より指向性の高いマイクを内蔵し、HDMI出力端子、外部マイク入力端子の機能を追加させることができます。見よ! これが最強のゴープロだ。

メディアモジュラーの裏はHDMI出力や、USB-Cの充電端子、3.5mmの外部マイクの入力端子がついています。

メディアモジュラーを装着させるには、GoPro Hero 8の外カバーを外す必要があります。
本体のUSB-C入力端子にメディアモジュラーの端子とドッキングさせます。
なんだかこういうギミックは男子の心を揺さぶります。※外したカバーはなくさないように注意

ドッキングが成功すると画面上には「メディアモジュラー接続済み」と表示される

もちろんメディアモジュラーを接続した状態でも本体下部にある折りたたみフィンガーマウントは開閉可能です。

付けた状態のGoPro Hero 8はひとまわり大きくなります。メディアモジュラーを装着した状態でも電源ボタンやRecボタンは押すことができるので操作に影響することはありません。

注目はこの大きなマイクと、上面と側面にあるコールドシューマウント。
このマイクは設定によって指向性を変更させることができます。

 

メディアモジュラーには外部音声入力もできるようになっているので、たとえばこんなショットガンマイクをつけることも可能です。


ただ、GoProは結構広角に映るので、あまり大きなマイクは不向きかもしれません。

外部マイクを装着すると、設定の音声入力メニューの表示が変化します。
4つの設定項目がありますが、日本語の翻訳がややおかしいためか理解が難しい……。

動力マイク? 動力マイク+……?
恐らくファンタム電源のような役割を果たすのかもしれないですが、このあたりはアップデートで修正されるかもしれません。音の違いはそこまでよくわからなかったです。

ラインインの切り替えもできるので、音響機器から直接音を送ることも可能。

これらの音の違いについてはまた次回詳しくレビューしてみたいと思います。

GoPro HERO 8専用ライトモジュラー

メディアモジュラーに取り付けられる専用のライトモジュラーもあります。
ボタンを押すと光の輝度を3段階切り替えることができ、4回押すとライトが点滅します。
光量は200ルーメン。

取り付けるとこんな感じ。

まとめ

外部マイク、LINE入力、HDMI出力が備わったことで、映像制作関係の方には重宝しそうな機能だとは思いましたが、モジュラーには防水機能が備わっていないので、念の為ご注意を。
今回音の検証も一緒に行いたかったのですが、機能の切り替えでどれくらい変わるのか、もう少し詳細にまとめてできたらと思います。

レンタルはこちら

メディアモジュラー AJFMD-001レンタル | GoPro HERO8 Blackマウントアクセサリ

GoPro HERO8 Blackマウントアクセサリ メディアモジュラー AJFMD-001のレンタルサービスをご案内しているページです。商品の詳細、レンタル料金等はこちらのページにてご確認ください。

レンタルはこちら

ライトモジュラー ALTSC-001-ASレンタル | GoPro HERO8 Blackマウントアクセサリ

GoPro HERO8 Blackマウントアクセサリ ライトモジュラー ALTSC-001-ASのレンタルサービスをご案内しているページです。商品の詳細、レンタル料金等はこちらのページにてご確認ください。

ABOUT ME
APEXレンタル編集部
APEXレンタル編集部
APEXレンタル編集部です。レンタル機材に関する便利な情報や最新機材をまとめた記事などを書いていきます!
この記事もおすすめ