映像音響周辺機器

RODE Wireless Go IIの使い方を詳しく解説! 送信機に録音する方法とRODE Centralを使う

RODEの新しいワイヤレスマイク『RODE Wireless Go II』がいよいよ日本でも発売されました。APEXレンタルでもさっそく取り扱い開始しました!

『RODE Wireless Go II』最大の特徴はひとつの受信機に2つの送信機から受信できる、デュアルチャンネル対応の製品です。そして、送信機それぞれに録音機能を搭載し、外部機器を必要とせず声を収録することが出来るようになりました。

コンパクトな形状と音質の良さから、YouTubeで使用している例も割と目にしますね。

当社レンタル品として提供する同梱品は以下の通り。

ラベリアマイク2個に、充電機のUSBアダプター、モニターイヤホンなど、レンタルいただければすぐご使用いただけます。

本体の取り付け方もとってもスマート。
マイクケーブルでミラーレス一眼や、ビデオカメラと接続すれば、送信機からの音声をカメラに直接収録できます。

この背面のクリップが、カメラのコールドシューにベストサイズに収まるのがすごい感動するんです!

使用方法

基本的にこのマイクは電源ボタンをオンにすればすぐに接続されて使用することができます。本体側面についているの「Oマーク」のボタンを長押しすると電源が入ります。

電源を入れると、送信機は青いLEDが2本点灯し、受信機には小型液晶にそれぞれのチャンネルの音声レベルメーターが表示されます。

送信機には内蔵マイクと、3.5mmステレオマイクジャックがついています。内蔵マイクには、付属のウィンドシールドを装着することもできます。モフモフの毛玉みたいなやつで、風によるノイズを減らします。

受信機にはマイクのミュートボタン(dBボタン)と、1chと2chのマイク選択ボタンがあります。
真ん中には「M/St」と書いてありますが、これは左右のボタンを同時に長押しすると、モノラル/ステレオの切り替えができます。

右の1/2ch選択ボタンでチャンネルを選択し、左のミュートボタンを押すと選択したチャンネルにミュートのマークが表示され、ミュート状態になります。

左右のボタンを同時に長押しすると、1/2chが別々に収録できるスプリットモードと、1/2chをひとつのチャンネルにしたマージモードに切り替わります。

もうひとつ面白い機能として、セーフティチャンネルというのがあります。

マージモード中は1/2chで同じ音が収録されるため、音声レベルも一緒になりますが、セーフティチャンネルの設定にすると、片方の音声レベルを-20dbでバックアップすることができます。片方のレベルが高くてピークレベルに達してしまったとしても、バックアップがあれば修正することができます。この設定方法は後述で説明しましょう。

RODE Centralをダウンロードしよう

さて、『RODE Wireless Go II』を最大限使いこなすためには、お使いのパソコン(またはMacに)管理アプリをインストールする必要があります。

RODE Centralをダウンロード(外部リンク)

RODE Centralをインストールすると、端末それぞれの設定を行うことができます。

受信機の設定

受信機を接続すると、このような画面になります。
この画面ではマイクのゲインレベルの設定や、セーフティチャンネルのオン/オフの設定など、インターフェースの切り替えを行うことができます。

設定の項目はクリックすることで切り替えができる。先程紹介したセーフティチャンネルもここで設定可能。ほかにはゲインレベルを±3dbずつ細かく調整できるようにしたり、スプリット/マージモードの切り替えもできる。

設定を反映させるボタンは特にありません。そのままパソコンからUSBを外せば完了です。

送信機の設定

送信機を接続すると左側に接続した送信機が表示されます。歯車のマークを押すと右画面に設定項目が表示されます。

送信機の内蔵メモリーの録音機能を有効にするかのボタンがあります。有効にした場合は、音質を圧縮するか、非圧縮にするかの選択ができ、圧縮すればそれだけ多くの時間が収録できます。

ゴミ箱のマークは、内蔵メモリーのフォーマットをかけてしまうので、バックアップしていない場合は注意して下さい。

収録した音をエクスポートする

送信機に録音した音声は、送信機の内蔵メモリーに収録されますが、エクスポートしなければ音声ファイルとして編集することができません。

収録したファイルをクリックすると、右側に音声ファイルの波形が表示されます。

右上にある「Export」を押すと、wavファイルとしてパソコン内に保存することができます。

まとめ

以上、『RODE Wireless Go II』の基本的な使い方でした。ワイヤレスですが、音質も良くて遅延も特に感じないので非常に使いやすいマイクです。
送受信周波数は2.4GHzによるデジタル通信なので、長距離伝送も可能。(伝送距離は約200m程)

ぜひレンタルで使ってみて下さい!

ABOUT ME
エイペックスレンタルズ編集部
エイペックスレンタルズ ブログチームです。レンタル機材に関する便利な情報や最新機材をまとめた記事などを書いていきます!
この記事もおすすめ