ビデオカメラ

ソニー FX3レンタル開始! ミラーレスカメラで動画撮影をする全てのユーザーへ

ソニーFX3がAPEXレンタルにも入荷致しました!

ソニーの展開するプロフェッショナルカムコーダー。シネマライクな映像を表現するCinema Lineシリーズの最小・最軽量モデルです。

ミラーレスカメラのαシリーズと同じくらいのサイズ感でありながら、効率的な冷却ファンを内蔵することで、長時間の4K 60pの映像収録が可能となりました。

ビデオカメラなので、XLRハンドルユニット標準装備です。キヤノン端子が2個しかないのになんでINPUT 3まであるんだ? と、最初は思ったのですが……

なんとステレオミニの3.5mmマイク端子がついてました。これは便利。

側面には入力端子類が集約されています。HDMI入力に、3.5mmステレオマイクジャック、イヤホン出力端子、USB-Cとマルチ端子です。USB-CポートはUSB PD(Power Delivery)に対応。給電しながら使うことができます。

バリアングル液晶を開いたときに、マイクケーブルを指しても液晶の邪魔をせずに使えそうです。流石配慮されて設計されていますね。

SDカードはダブルスロットに対応。CFexpress Type Aのカードも使うことができます。

軍艦部はRECが大きく、ホワイトバランスやISO、IRISのショートカットボタンが設置。ジョグホイールが設置されていますが、ちょっと操作しづらいかなと感じました。

静止画シャッターボタンはW/Tのズームレバーもついています。完全に動画機としての役割ですね。

さすがプロ機だなと感じたのは、タリーランプが3箇所に装備されているので、REC中の誤操作リスクを減らせます。

背面の操作部は左上に電源ボタンがあり、モードやメニューボタンが上部に大きく配置され、ホイール部分にはZEBRAやPEAKING、SHUTTERスピードのショートカットが配備されています。

タッチパネルで被写体をタップすれば、トラッキングフォーカスが有効になります。フォーカス速度も速くて驚きました。

基本的な操作性はソニーα7S IIIとあまり変わりませんが、プロユース向けの動画機として研ぎ澄まされたこだわりの一台ですね。個人で活躍するYouTuberや映像クリエイターをターゲットに頼もしい一台です。

ABOUT ME
APEXレンタル編集部
APEXレンタル編集部です。レンタル機材に関する便利な情報や最新機材をまとめた記事などを書いていきます!
この記事もおすすめ